7月2日≪庄内酒まつり≫ いよいよチケット発売開始~

IMG_2239庄内18の酒蔵が集結、100種類以上の地酒を堪能できるところはそのままに、今年も「旨い酒、飲ませたい。それだけですよ」をテーマに、皆様にお楽しみいただけるよう企画をしておりますので、楽しみにしていただければ嬉しいです。

日時 平成28年7月2日(土)、11:00~18:00(入場受付は17時まで)
場所      鶴岡駅前JA全農山形倉庫にて。
試飲用チケット 前売り2,000円、当日2,500円円。https://www.facebook.com/syonaisake/posts/1734280050120141?fref=nf

お待ちしております~

 

新しい酒米≪山形酒104号≫発売開始 

純米大吟醸 白露垂珠 山形酒104号39

IMG_8221[1]

蔵元「相沢政男」 酒米生産者「成田孝一」氏 杜氏「本木勝美」

蔵の皆造祝いでこのお酒をみんなで飲んでみましたら、柔らかな甘みの中にもきりっとした讃が感じられ、特に女性陣には大好評でした。

4月5日から≪はくろすいしゅ≫に加わりました山形酒104号~4合瓶に関しましては蔵からの出荷は終了しております。
はくろすいしゅ取扱店様にてお買い求めをお願いいたします。

山形酒104号〈雪女神〉2015年4月、遂に山形県は鶴岡市笹花で開発に成功した酒造好適米「山形酒104号」の新名称を発表しました。「雪女神」のラベル表示は2017年から認可されます。県産初の大吟醸用好適米です。最高峰とされる地域外産「山田錦」への依存状態から脱却し、すべからく完全山形産の大吟醸酒が製造可能となります。山形県の≪出羽の里≫を父に宮城県の≪蔵の華≫を母に掛け合わせた品種です。大粒の割に中心の心白まで深く削っても割れ難く、素タンパクが少ないため雑味の無いすっきりとした味に仕上がりました。山形県鶴岡市羽黒町東山 標高250mラインの月山水源の山水田で羽黒酒米研究部会「成田孝一」副部会長が実証栽培を担当しました。

涼冷えでお召し上がりください。華麗、且つ上品で濃醇な旨味を透明感豊かにお楽しみいただけます。